主な施設案内

営業時間と連絡先

営業時間 8:00~16:10
電話番号 054-628-7119(代)
FAX番号 054-629-3784

超低温冷蔵庫

建設の主旨

超低温冷蔵庫

当超低温冷蔵庫は、静岡県・焼津市をはじめとした関係者の皆様方のご理解・ご協力を賜りまして、平成10年度水産物流通加工基盤強化対策事業の採択を受けて建設をした公称4千トン(SF級‐65℃2千トン、F級-40℃2千トン)と平成14年度水産物産地流通加工高度化対策事業の採択を受けて建設をした公称2千トン(SF級‐65℃)を合わせた全体の規模は公称6千トンとなり、第8次漁港整備事業で整備された新港において、先に完成した新屋売場に隣接した冷蔵施設として、水揚げから荷捌・保管・加工・輸送まで一貫した水産物の流通を可能とし、市の基幹産業である水産業の活性化を図るべく建設をいたしました。

このため、特にSF級の設備には、最新鋭マグロ延縄冷凍漁船の魚倉温度に匹敵する-65℃冷蔵室(1千トン4室)と入庫時の低温維持を図るべく冷凍マグロ専用の仕分け荷捌室を設けましたが、新たに整備した-65℃2室については、トロビンナガB1製品の保管にも対応できるよう‐55℃から‐65℃までの温度調整が可能な高容量二元冷凍機を導入いたしました。また、F級の設備には、冷凍カツオ等の保管を目的として‐40℃冷蔵室(2千トン)には移動ラック方式を導入し、さらにプラットホームへの搬入には冷凍カツオ等入庫用の車両傾斜台装置を備えるなど、漁獲物の保管作業の合理化と鮮度保持を可能といたしました。

施設の概要

所在地

静岡県焼津市新屋438-9

施設
1.平成10年度水産物流通加工基盤強化対策事業
建築面積 4,197.74㎡
延べ面積 4,437.65㎡
構造 鉄骨造り平屋建て(一部2階建て)
工事着手 平成10年7月24日
工事竣工 平成11年3月24日
収容能力 公称4,000トン
SF級 ‐65℃(二元冷凍方式)公称1,000トン×2室
F級 ‐40℃(二段冷凍方式)公称2,000トン×1室
その他 傾斜台(幅3.3m×長さ8.8m)1基
トラックスケール40トン1基
請負業者
設計監理 (株)創元設計
建築工事 木下建設工業(株)
冷却設備 日新興業(株)
電気設備 (株)朋電舎
ボックスパレット 東海神鋼電機フォークリフト(株)
2.平成14年度水産物産地流通加工施設高度化対策事業
建築面積 2,099.29㎡
延べ面積 2,304.33㎡
構造 鉄骨造り平屋建て(一部2階建て)
工事着手 平成14年7月 6 日
工事竣工 平成15年3月20日
収容能力 公称2,000トン SF級‐65℃(二元冷凍方式)公称1,000トン×2室
請負業者
設計監理 (株)朝日設計
建築工事 (株)橋本組
冷却設備 日新興業(株)
電気設備 (株)朋電舎
給排水衛生設備 青島ポンプ工業(株)
ボックスパレット (株)クサナギ
特色
  • 超低温冷蔵庫 SF級冷蔵室超低温冷蔵庫 高容量二元冷凍装置

    SF級冷蔵室は、マグロ延縄冷凍船の魚倉温度と同等の-65℃を二元冷凍方式により実現。公称1千トン規模の冷蔵室4部屋を装備し、新たに整備した2部屋については、より幅広い保管需要に対応するため、-55℃から-65℃まで温度調整が可能な高容量二元冷凍装置を導入しました。

  • 超低温冷蔵庫 低温プラットフォーム

    新たに整備したSF級-65℃冷蔵庫の低温プラットホームは、既存冷蔵庫の低温プラットホームと同様に常温+15℃に設定。既存施設に接続することでスムーズな荷捌き作業を可能とし、搬入する漁獲物の鮮度を保持します。

  • 超低温冷蔵庫 F級冷蔵室

    公称2千トンのF級冷蔵室(680パレット収容)は、入出庫作業の省力化のため「移動ラック方式」と併せてコンピューターによるラック管理システムを導入し、キャビンリフトからの遠隔操作により迅速な入出庫作業が可能となりました。

  • 超低温冷蔵庫 荷捌き室

    冷凍マグロ類の入庫時の鮮度を保持するため、常温を+15℃に保った専用の荷捌室を設置し、広い低温プラットホームへの搬入もスムーズとなり、効率的な荷捌き作業が可能となりました。

第4冷蔵庫

第四冷蔵庫

第4冷蔵庫は、当組合が水産物流通加工センター形成事業における流通部門の事業主体者として、卸売市場(外港売場)と併設して建設をしたものであります。この市場と冷蔵庫との一体化は、荷役の省力化と共に、公共性を加味した産地流通の合理化と、水産物の安定供給によって、広く水産業の発展に寄与することを目的としております。

施設の概要

所在地

静岡県焼津市中港6丁目1225

施設
昭和49・50年度水産物流通加工センター形成事業
敷地面積 2,233㎡
建物面積 2,397㎡
構造 鉄骨造り平屋建て(一部2階建て)
工事着工 昭和49年11月22日
工事竣工 昭和50年6月30日
収容能力 公称3,000トン (‐45℃) 公称1,000トン×3室
請負業者
設計監理 (株)久米建築事務所
建築工事 木下建設工業(株)
冷却設備工事 日新興業(株)
電気設備工事 (株)朋電舎